【web開催】理系学生2名に聞く「日系大手企業」の印象と、イメージ払拭の鍵とは?

イベント詳細

1社に一生務める時代が終わった今、転職を前提にファーストキャリアを選ぶ学生が増加中。転職を見据えるからこそ、若いうちから実践的な経験を積み、スキルや専門性を身に付けられる環境を希望する人も増えています。

一方で日系の大手企業に対して「年功序列で若手の成長が遅いのでは?」といったイメージを持つ学生も少なくありません。企業の多くは時代に合わせて社内改革を進め、そういったイメージを払拭するための広報活動もしていますが、学生が持つ旧来のイメージを払拭しきれていない印象です。

そこで注目したいのが、「退職者」の存在。大学生を対象に実施したアンケート調査によると、約7割の学生が「元社員の退職後のキャリアに関心がある」と答え、8割弱の学生が「元社員が登場する会社説明会や採用イベントに参加したい」と回答しています。

本ウェビナーでは、優秀校の理系学生2名に「日系大手企業へのイメージ」の本音を伺いながら、就職を希望する大学生に向けた最新調査結果を踏まえ、「退職者の声」から紐解く、『学生から選ばれる企業に近づくための魅力づけ』について探っていきます。

質疑応答の時間も設けておりますので、学生の生の声を聞ける貴重な機会としてご活用ください。

オススメの方

・成長意欲の高い理系学生を採用したい大手企業の方
・理系学生が抱く、大手企業へのリアルな印象を知りたい方
・新たな新卒採用コンテンツを模索している方

開催概要

日時
12月16日(水) 16:00 – 17:00
定員
100名
参加料
無料

見たいのに日程が合わない、、、という方はこちらから「録画チケット」をお申し込みください。

※すべて途中での入退室自由です。

※お申し込みいただいたメールアドレス宛に参加方法をご案内いたします。

※競合他社さまのご参加はご遠慮いただいております。

登壇者の紹介

九州工業大学大学院 情報工学府 村上 嵩大
研究内容:
– 人の快適性を担保し、ビル空調の消費電力を最適化する空調スケジューリングを行うためのマルチエージェントシミュレーションを利用した温熱環境シミュレータの開発
スキル:
– Python(データ分析、機械学習など)pandas,numpy,scikit-learn、研究でも一部利用
– Django(Webアプリ開発)pythonフレームワーク
– AWS(Webアプリのインフラで利用)
– PHP(Webアプリ開発で利用)
– JavaScripit(Webアプリフロント、研究で一部利用)
– VisualBasic(研究で使用しているシミュレーションソフトウェアの開発で利用)

筑波大学 情報学群 新田 洸平
研究内容:
– Twitterユーザに対するゼロショットタグ付け
– BERTを使ったウェブ文書ランキング付け

2020年度未踏IT人材発掘・育成事業:
– テーマ:一人一人に合った理由でイベントに誘ってくれるシステムの開発
URLはこちら

スキル:
– Python(研究開発において使用:自然言語処理,機械学習など)
– Go,React,AWS など(未踏事業においてアプリケーション開発に使用)

個人情報取扱い

共催セミナーに関する個人情報の取扱いについて/株式会社POL(以下、当社といいます)は、当社「プライバシーポリシー( https://labbase.jp/privacy )」に記載の利用目的に基づき、本セミナーにお申込みいただいたお客さまの個人情報を取得させていただきます。また、お客さまの同意のもと、共催の株式会社揚羽にもお客さまの個人情報を提供し、同社からの製品・サービス情報等のご案内にも利用させていただきます。利用させていただくにあたって、当該個人情報は「個人情報の保護に関する法律」の定めに従い、適正に取扱います。

株式会社ハッカズーク プライバシーポリシー:個人情報の取扱いについて

株式会社POL プライバシーポリシー:個人情報の取扱いについて

に同意の上、送信してください。

イベントお申し込み


* 必須

メールやお電話での無料相談も承って
おります。